芸能

キンコン梶原カジサックとオリラジ中田あっちゃんはなぜ揉めたのか?

こんなニュースが巷を騒がせています。

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(38)が10日、自身のブログを更新。相方・梶原雄太(38)と「オリエンタルラジオ」中田敦彦(36)の“トラブル”について見解を示した。

【写真】オリラジ中田敦彦と妻の福田萌

 中田は昨年12月にラジオ番組で若手芸人はユーチュバーに勝てないという趣旨のトークを展開。「カジサック」名義でユーチューバーとして活動する梶原についても「頑張ってるよ」などと語った。

 この発言を報じた一部ネットニュースを読んだという梶原は、12月23日に「オリラジの中田さんが何か、僕の事を言ってたみたいですが、、ごめんなさい、、興味ないです」とツイート。中田は「梶原さん、誤解ですよ。悪質な記事に惑わされずに。応援してますよ!」とリプライしたが、梶原は今月6日配信したユーチューブ動画で「上からだけは許せない」「ラジオで何言うてもいいけど、目線だけは間違えたらあかん」などと苦言を呈していた。

 相方の西野はこの日のブログで「梶原君の言い分を一言にまとめると『アイツ、後輩のクセに何を上から言うてきとんねん』です」と改めて説明。中田に対して「先輩の気持ちを逆撫でてしまったことは事実なので、『誤解ですよ。ネットニュースに踊らされないで、ちゃんとラジオ(1次情報)を聴いてください』で片付けるのではなく、中田君には説明責任がある」とつづった。

 一方で梶原に対しても「本人不在で…しかも後輩に向けた苦言は、僕個人的にはアウトだと思っています」「噛みつくのならば自分よりも立場上の強い人に行ってくれた方が僕は嬉しいです」とコメント。

 その上で「中田君は『菓子折りを持って、カジサックさんのチャンネルに謝罪に行きたい』と言っていたし、結果的にまたニュースを作って騒がせてしまった梶原君には、先輩として、中田君のそのアクションを受け入れる責任があると思うので、『オリラジ中田が謝罪にきた』という企画を立てて、最後はエンターテイメントで終わらせて欲しいです」と期待していた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

事の発端は?

事の発端は中田がラジオ中にいった発言が元となっている。

【中田】
「俺らよりもYoutuberとかの方が映像の編集とかうまいんですよ。
多分、同じ世代の若い芸人とYoutuberだったら、コンテンツを作る頻度も速度もクオリティもYoutuberに勝てないと思ったね。それはもちろん俺らもよ。なんでかって言うと、TVっていうメディアに慣れすぎてTVにフィットするように俺たちは生きてきたわけよ。
そこで勝ってきたわけじゃないですか。
オリラジとかTVで食えてるわけじゃないですか。だからこそ、Youtubeで勝てないね。
映像を自分で編集して企画を自分で立てて毎日コンテンツを作るっていう世界にはなかなか乗り切れないんですよ。

キングコングの梶原さんとか頑張ってるよ。だけどあれはそういう企画にしてるし、端から下から入っているのがすごいよね」
引用:https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12431945197.html

それについて梶原さんが反応

そしてこの動画を配信

上下関係について厳しい上沼イズムで怒っていたんですね。

これについて中田さんは

直接会って謝りたいといっている様子。

オリラジ中田、キンコン梶原に「謝罪に行きたい」悪質ネットニュース発端のトラブル

まとめ

些細な行き違いで、争ってしまうもんなんですね。

ぜひ中田さんにはカジサックチャンネルに出演してもらい面白おかしくして欲しいですね。